一般歯科(むし歯治療)-昭島市の歯医者なら滝沢歯科医院|拝島駅徒歩2分

 

東京都昭島市 | 滝沢歯科医院 | 拝島駅徒歩2分の歯医者

042-541-8870

予約制・急患随時受付  ※平日20時まで診療

24時間受付ネット予約
042-541-8870

予約制・急患随時受付  ※平日20時まで診療

一般歯科(むし歯治療)

ただ歯を治すのではなく、お口の中を健康にするむし歯治療

むし歯治療

健康意識が高まり、予防医学が進展するにつれ、むし歯は少なくなったと言われます。確かに以前のように多くの方にむし歯がある時代ではなくなりました。

とはいえ、未だにむし歯に悩まされている方はたくさんおられます。昔、治療を受けたところがよく再発する方、むし歯が痛むのに忙しくて歯科医院に通院できない方、生活習慣や食生活などのせいでむし歯がたくさんできたお子さま、と言ったケースも少なくありません。

当院では、削って詰める治療は最小限にとどめ、フッ素塗布やブラッシング指導など予防歯科も徹底的に行います。ただ歯を治すだけでなく、お口の中を健康にしてむし歯の再発を予防するのが、当院のむし歯治療です。

できるだけ削らず、神経も残す治療

できるだけ削らない

人間の歯は、一度削ると元に戻ることはありません。そして治療を繰り返すほど歯の寿命は短くなります。そこで当院では、できるだけ削らない最小限の治療を心がけています。院長は、生涯にわたってご自分の歯で健康に生活していただくために、可能な限り歯を削らないことをモットーとしており、そのための治療技術を磨いてきました。

むし歯がかなり進行してしまった場合も、できるだけ神経も残す治療を行っています。そして治療後は、定期的な検診とメインテナンスで予防を徹底し、お口の中の健康を維持していただきます。

拡大鏡で視野を拡大し、治療を行います
歯を削る量を最小限に抑えるには、患部をしっかりと把握できなければなりません。従来は肉眼で見える範囲での治療でしたが、当院では拡大鏡を利用し、肉眼よりも数倍拡大された視野で治療を進めていきます。

むし歯の進行度と治療

初期むし歯

初期むし歯(Co・要観察歯)
歯のごく表面が感染している状態です。痛みなどはなく、定期検診時に確認して発見できるものです。歯を削らず、再石灰化を促すことで進行を防ぐことができます。

エナメル質う蝕

エナメル質う蝕(C1)
歯の表面に細菌が侵入して穴が開いた状態ですが、まだ痛みを伴う自覚症状はほとんどありません。放置するとどんどん進行していきますので、白い樹脂(詰め物)をして穴をふさぎます。

象牙質う蝕

象牙質う蝕(C2)
象牙質まで細菌が侵入した状態です。むし歯は中で大きく広がり、冷たい水や風がしみるようになります。麻酔をして感染部分を削り、詰め物をする治療を行います。

神経まで達したむし歯

神経まで達したむし歯(C3)
神経まで細菌が侵入した状態です。熱い物がしみたりズキズキ激しい痛みを感じることもあります。放っておくと神経が感染してしまい、歯の根が炎症を起こしますので、根管治療を行うことが多くなります。

残痕状態のむし歯

残痕状態のむし歯(C4)
歯が崩れて根っこだけが残ってしまった状態です。ここまで放置すると、やがてその痛みはなくなりますが、根尖病巣(骨の中まで細菌が侵入し、根の先に細菌と膿が溜まる状態)に進行してしまいます。治療可能な歯質が残っていれば根管治療を行います。