口腔外科-昭島市の歯医者なら滝沢歯科医院|拝島駅徒歩2分

 

東京都昭島市 | 滝沢歯科医院 | 拝島駅徒歩2分の歯医者

042-541-8870

予約制・急患随時受付  ※平日20時まで診療

24時間受付ネット予約
042-541-8870

予約制・急患随時受付  ※平日20時まで診療

口腔外科

親知らずの抜歯や外傷などにも対応します

口腔外科

口腔外科とは、お口の中と口腔機能に関する病気やケガなどのトラブル全般に対応した医療です。当院では、親知らずの抜歯や根尖病巣などの小手術、口元のケガなどの外傷などについても、患者さまの痛みや負担をできるだけ軽減し、治療を行います。

重症の顎関節症については東海大学病院(八王子)顎関節症外来に紹介するなど、専門施設との連携体制も整っていますので、ご安心ください。

親知らず治療に対しても治療経験を積み重ねて参りました

親知らず治療

親知らずは第三大臼歯や智歯とも言われ、最後に生えてくる一番奥の永久歯です。多くの場合10代後半から20代で生えはじめます。しかし近年はあごが細く、親知らずの生えるスペースが不足している人が増える傾向にあり、生えても一部だけが出ている、横に傾いている、完全に埋まったままになっているなど、複雑な生え方の親知らずが増えています。

親知らずは充分な歯磨きがしにくいためにむし歯になりやすく、また周りの歯や歯ぐきに悪影響を与えて炎症を起こしやすくなりますので、早めに抜歯などの治療を受けることが勧められます。特に、中途半端に生えてきて歯の一部だけが露出している場合や、横向きに生えてきている場合、歯並びを悪くする恐れがある場合などは抜歯したほうがよいでしょう。年齢が若い時の方が抜歯後の骨の回復がスムーズであることからも、若いうちに抜歯することをお勧めします。

親知らずが引き起こすトラブル

親知らずの隣の歯(7番)がむし歯になりやすい
親知らずが正常に生えていないと、歯磨きが充分にできないため汚れが溜まりやすくなり、そのためむし歯や炎症を起こしやすく、その手前の歯にも影響が及びやすくなります。

歯並びが悪くなる
横向きに生えた場合は手前の歯を押す力が強いため、一番細い歯である前歯の並びが悪くなることがあります。

顎関節症などあごに影響が出る
上下の噛み合わせが悪くなると、顎の筋肉に負担がかかったり、顎関節症を起こしたりすることがあります。

抜歯が勧められる場合

・横向きに生えている
・埋伏して、他の歯の根に悪影響を与えている
・むし歯になっている
・炎症をくりかえしている
・痛みがひどい
・頬を噛んでしまう
・矯正治療を検討している

親知らずを残した方がよい場合

・正常に生えている
・完全に埋まっていて問題がない
・手前の歯を失い、親知らずを利用してブリッジを検討している
・親知らずを歯の移植に利用したい