インプラント-昭島市の歯医者なら滝沢歯科医院|拝島駅徒歩2分

 

東京都昭島市 | 滝沢歯科医院 | 拝島駅徒歩2分の歯医者

042-541-8870

予約制・急患随時受付  ※平日20時まで診療

24時間受付ネット予約
042-541-8870

予約制・急患随時受付  ※平日20時まで診療

インプラント

もう一度ご自分で噛める喜びを取り戻しませんか

インプラント

インプラントとは、歯を失った部分のあごの骨にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋入し、その上に人工歯を作るという治療法です。インプラントは入れ歯やブリッジと違い、他の歯を痛めることなく天然の歯に近い噛み心地を再現できるなど、とてもメリットの多い治療法です。また、きちんとメインテナンスを続ければ、長持ちすることもできます。

インプラントは健康な他の歯を守る治療でもあります
インプラントは入れ歯、ブリッジなどと同じように、歯を失った際の選択肢の一つです。見た目が天然歯のように自然で、自分の歯のようにしっかり噛めるということが特徴ですが、最も大きな特徴は残っている他の歯に負担をかけないことです。インプラントを選択することで、その他の健康な歯の崩壊を止めることができ、5年後、10年後に残っている歯の本数が異なってきます。

インプラントも30年の治療経験があります

当院では、どうしても抜かなければならないケースを除き、ご自身の歯を残す方向で治療法をご提案しています。しかしながら、その歯を残すことで他の健康な歯に影響を及ぼしてしまう場合は、抜歯とその後の治療の選択肢としてインプラント治療をご提案しています。

当院では、インプラントと入れ歯のどちらの治療についても30年間の治療経験を積み重ねて参りました。患者さまのお口の状態だけでなく、治療に関する不安や費用のことなどもトータルに配慮し、最適な治療方法をご提案させていただきますので、ご相談ください。

インプラントと他の治療法との比較

治療法比較

ブリッジ【支えにする歯を痛めやすい】
抜けた歯の両隣の歯を削り、支台を形成します。そこに連なった義歯を被せます。ブリッジは使用上の違和感が少なく、セラミック素材では強度も高く、見た目も美しく仕上げることができます。しかし、咬んだときの負担が支台歯にかかり、歯ぐきを痛める原因になります。そのため、抜けた歯が多い場合にはブリッジが適用できないこともあります。また支台歯は、むし歯や歯周病にかかりやすいというデメリットもあります。

入れ歯【歯ぐきや他の歯に負担がかかりやすい】
入れ歯は、失った歯が多い場合に適用されます。クラスプと呼ばれる金属のバネを使って他の歯に固定させます。取り外しが可能で、お手入れが容易です。しかし、入れ歯がお口に合っていないと物を咬んだ時の力の負担が歯ぐきに直接かかるため、グラついたり痛みが出てしまいます。また入れ歯を支えるクラスプをかけた歯には、咬むたびに負担がかかり、その歯の寿命を縮める恐れがあります。

インプラント【見た目も美しく機能的】
ブリッジと比べて、両隣の健康な歯を削る必要がありません。また、入れ歯と比較した場合、隣の歯にバネなどを引っ掛ける必要もないので、残っている健康の歯が長持ちします。ご自分の歯と同じようにしっかり咬めるので、消化の働きもよく胃腸に負担を与えません。見た目も天然の歯と遜色なく、入れ歯のようにズレたりしませんので、楽しく会話ができます。また、耐久性も高く、メインテナンスをしっかり行えば長持ちします。